情熱ブログ JYOUNETSU BLOG

情熱ブログ

『お客様から選ばれている理由』について考えたことはありますか?

みなさん、こんにちは!
今回のコラムは私小林が担当します。

 


最近ふと、「なぜ、創業から12年目の情熱という会社が、お客様から選んでいただけているのか?」

という疑問が浮かびました。

 

 

弊社は12期に入ったばかりの若い会社でありながら、すでにのべ600社近くの企業様にサービスをご導入いただいております。

 

引き続き一人でも多くの情熱家を輩出するべく、「どうすれば弊社の研修やコンサルティングを知ってもらえ、社員に受けさせてみたいと思ってもらえるのか?」ということについては常々考えているのですが、実際にはどのような部分に魅力を感じていただけたのか、ということについてはなかなか考える機会が無かったように思います。


ということで今回は、『自社がお客様から選ばれる理由』を、個人的に分析してみました。
今後営業活動をおこなう上で役に立つであろう学びを得ることができたので、よろしければ皆さんも自社が選ばれてきた理由について一緒に考えてみませんか?

 

 

 

20181213小林

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情熱の強みとは、、、


 

自分の魅力を自分で知る、というのはなかなか難しいことですので、そのような場合は第三者から直接意見をもらうか、状況から分かることを根拠にまとめるのが良いようです。

 

そこで今回は以下をおこないました。

●どんな悩みを持っている企業様からご依頼いただけているのかをまとめる。
●導入を決めてくれた決定打は何だったかをまとめる。
●研修を受講してくれた社員の方から集めたアンケートを振り返る。
●サービス終了後の満足度や感想をヒアリングする。
●情熱を卒業していった仲間から話を聞く。

 

すると、

①コンテンツ力
②講師力
③社員の人柄

こちらの3つが、『情熱がお客様から選ばれる理由』となっていることが分かりました。

 

 

 

①コンテンツ力


 

商品のクオリティが重要、というのは当たり前のこと。とはいえ、競合他社の多い研修業界において商品への魅力を感じていただくのは簡単なことではありませんので、まず1つ目に挙げました。

 

納品後に「弊社をリピートしたいと思っていただけたか。また、その理由は何か」についてお聞きすることがあるのですが、ありがたいことにイエスと答えてくださる企業様が多くいらっしゃいます。

 

・社会人としての意識を持たせることができたから。
・離職率が大幅に下がったから。
・新卒の営業力が例年に比べて高く、受注率が上がったから。

 

等々、嬉しいお声をいただいておりますが、我々の予想も超えた、「新卒を採用し始めてから初めて、離職率が0%になった!」というクライアント様もいらっしゃいました。

 

こちらから確認していなければ知ることができなかったかもしれないと思うとゾッとしますね。
納品したら終わり、ではなく、それによってどんな貢献ができたかまでしっかり確認することは大事だなと改めて思わされた出来事でした。

 

 

ちなみに、、、
弊社で最もご好評いただいているのは『情熱マネジメント®』というオリジナルコンテンツを用いた研修です。
情熱を開発し、管理するためのメソッドをまとめたもので、いわゆる天才と言われるようなトップ数パーセントの人々が自然におこなっているセルフマネジメントの技術を、気合や根性論ではなく、科学的なアプローチで誰にでも使えるような形にしてあります。

詳しくは、水野のブログをご確認ください。
▼情熱大陸日記
http://www.jyounetsu.co.jp/blog/post/4967

 

活躍する人材に必要な考え方が詰まっていますので、貴社の社員様にもいかがでしょうか!
突然の営業失礼しました(笑)

 

 

 

 

 

②講師力


 

2つ目は、講師力です。

 

先ほどご紹介した研修ですが、コンテンツの内容だけでなく、講師陣に対してもお褒めの言葉をいただくことが多くあります。

 

弊社社員やパートナーとしてご協力をいただけた方が登壇しておりますが、誰一人として、学生時代の授業のようなテキストを読み上げるだけの座学はおこなっておりません。

 

全員、弊社の考え方に共感していることは大前提として、定期的な講師育成トレーニングによってコンテンツへの理解が深まった状態を作り上げている上、実績がある者ばかりです。

 

そのため、受講生から「社会人の先輩から生の経験談が聞けたり、社内ではしづらい相談に乗ってもらうことができてよかった」と喜んでいただけております。
(新卒研修においては、50~60代の講師よりも受講生の年齢に近い30代前後の講師が人気です。)

 

 

『人は感情の生き物』という言葉をよく聞きます。
商品の魅力はもちろん大事ですが、それを納品する際の人の魅力も非常に重要、ということを改めて感じました。

 

身近な話で言えば、私には“会うと気分が上がる店員さんがいるコンビニ”があります。皆さんにも覚えがあるのではないでしょうか?

 

私も講師を務めることがありますので、引き続き魅力的だと感じてもらえるように精進していきたいと思います。

 

 

 

 

 

③社員の人柄


 

3つ目は、社員の人柄です。かなり手前味噌な話ですが(笑)

 

私たちが扱っている商品は、教育やコンサルティングという形がないものです。
ですので、最終的には社員の立ち振る舞いによって研修実施後のイメージを体感していただき、『信用を得られるかどうか』がポイントになると思っています。
そのため、後輩指導においてももちろん自分自身にも常に言い聞かせています。

 

照れくさいのであまり具体的な根拠は述べませんが、仲良くさせていただいている人事の方々からの声によれば、体現できているようです。

 

上司である水野、矢間に至っては、講師は絶対この人がいい!と指名が入ることもあるほどです。

 

 

これは弊社に限った話ではありません。
弊社がクライアント側になった場合も、話をしてくださる方に対し“きめ細かい気遣いがあるか”や“アドバイスは的確か”等、色々な部分が気になりますが、
最終的に判断軸になるのは、『信頼がおけるか』と、『この人となら一緒に仕事をしたいと思えるか』どうかであることが多いです。

 

そのため、その他の項目も重要ですが、私個人的にはこの『社員の人柄』がもっとも重要であると考えています。

 

 

 

 

 

まとめ


 

いかがでしたでしょうか。
今回は、『自社がお客様から選ばれる理由』について、情熱を例にとって考えてみました。

 

皆さんも改めて考えてみてはいかがでしょうか?きっと、営業や社員教育時に役立つ情報が得られると思います。

 

また、この記事を書く中で、企業の宝である社員様の教育をご依頼くださったクライアントの皆様への感謝の気持ちを再認識いたしました。
これからも日本の企業を、ひいては日本全体を支える力をつけるため、全社一丸となって進んでまいります!何卒よろしくお願いいたします!

 


最後になりますが、社内の人間関係や教育についてお悩みをお持ちの方は、ぜひ、弊社が行っております社員教育のサービスをご検討ください!!
600社近くの企業様のお悩みを解決してきたノウハウで、貴社にお力添えいたします!!

 

それでは、今回のコラムは以上となります。
最後までお読みくださり、ありがとうございました!