リファラル採用マネジメント REFERRAL RECRUITMENT MANAGEMENT

リファラル採用マネジメント

内定者1名あたり、3名の選考希望者を生み出すことができます

リファラル採用マネジメントとは、新卒採用において、もっとも効率良く優秀な人材を採用する採用手法です。
※リファラル採用だけで採用を進める企業もあります。

point1

リファラル採用とは、社内の信頼できる人脈を介した紹介・推薦による採用活動のことです

内定者が自社の理念やバリュー(価値感、行動指針)を理解した上で、それに共感する学生を集め、次年度の採用に繋げるプロジェクトの支援を行います。

リファラル採用とは、社内の信頼できる人脈を介した紹介・推薦による採用活動のことです。

人材紹介会社や求人サイトなど既存の採用チャネルに頼らず、人と人との個人的なつながりを活用するため、採用候補者の質や信頼性を確保することが出来、採用のマッチング精度が高まります。

また、新卒採用において最も大切なことは、自社のカルチャーやバリュー(価値感、行動指針)に共感できる人材を採用することです。なぜなら、入社後の活躍に最も影響を与えるのは、入社時の優秀さ(自頭の良さ)ではなく、『自社のカルチャーやバリュー(価値感、行動指針)に共感して働いているかどうか』だからです。

リファラル採用マネジメントは、内定者に研修でバリュー(価値感、行動指針)浸透を行いつつ、価値感が近い友人や後輩を次年度の採用候補者として確保するという、もっとも効率良く優秀な人材を採用出来る採用手法です。

弊社のリファラル採用マネジメントでは、内定者1名あたり3名の選考希望者を生み出すリファラル採用が行われる文化・風土を醸成します。

point2

リファラル採用マネジメントの進行例

導入事例(従業員700名、採用人数50名規模の会社)
採用に繋げる為の施策を随所に設けております。

プロセス

上記の結果、その年に採用された社員のうち約25%となる12名がリファラル経由で入社。