新入社員・内定者の研修やリーダー研修の提供

  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ
ホーム > 情熱ブログ > 情熱コラム > 世の中に言われているアレを試してみたシリーズ:マンダラチャート@石井

情熱コラム

世の中に言われているアレを試してみたシリーズ:マンダラチャート@石井

 

ご無沙汰しています。

情熱の石井です。

 

夏真っ只中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回のコラムから少し趣向を変え、実験な切り口でお届けしたいと思います。

 

その名も

 

「世の中のアレを試してみたシリーズ」

 

世の中に蔓延る理論、現象などを

実際どうなんだ、と株式会社情熱社員が実証実験を行い、

導き出した結論を一方的に皆様にお届け!!

 

というなんとも実験的なコラムでございます。

どうか最後までお付き合い下さい。

 

さて、、、

 

突然ですが、

みなさん最近何かに「挑戦」していますか?

 

仕事、勉強、趣味、恋愛

 

人は目標に本気で向かっている時、がむしゃらな時が

一番輝き、そしてかっこいいという事は

 

数多くの先人たちが証明しています。

「挑戦」は間違いなく人を輝かせる要素のひとつです。

 

では今、みなさんはどうでしょうか?

 

いま本気で挑戦してます!

 

という人が100%ではないとは思います。

 

この数字を絶対に達成する!

 

でも

 

絶対に司法試験に合格する!

 

でも

 

気になるあの子に声をかける!

 

なんてのも挑戦=その人が輝いている瞬間には間違いありません。

 

 

このコラムでは

「ひとりでも多くの情熱家を輩出し日本を情熱的にする」

というビジョンを抱く株式会社情熱の社員であるひとりの男(これ私)が

 

皆様のアツい挑戦を手助けするべく、

 

「マンダラチャート」

 

という目標達成フレームワークをご紹介したいと思います。

どうかご参考にしていただければ幸いです。

 

【マンダラチャートとは?】

マンダラチャートとは、目標達成のためのフレームワークの事です。

AとBの2種類があり、Aは「3×3マス」、Bは「9×9マス」のものです。

 

使い方の基本はAもBも同様で、フレームの中心にテーマを書き周辺の8マス(Bなら80、マス)に対策や行動計画、要点などを展開していくものです。

順番は真ん中下から時計回りで展開していくことが特徴。

 

代表的なマンダラチャート利用者としては、

プロ野球選手の日本ハムファイターズ、大谷翔平選手が挙げられます。

 

彼は恩師の教えで高校1年生の時に

 

「プロ野球8球団からドラフト1位指名」

 

というものを目標にこのマンダラチャートを作成しました。

 

高校1年生でこの視座の高さはさすがとしか言えませんね。。

その目標設定が今の彼を作ったのでしょう。

 

【利用用途】

マンダラチャートは、思考法として確立されたものですが用途は様々です。

 

・人生目標や行動計画立案
・事業計画
・学習(読書や要点のまとめ)
・商品開発

 

などにも活用できます。

 

目標に向けた具体的なアクションを

確認、整理できるという特徴があるため

 

上記の様な計画立案などが向いています。

 

【具体的な使い方】

 

大谷翔平選手というスポーツ選手以外にも、もうひとつ

「9×9マス」の具体例を紹介します。

 

目標としては、

「自分の著書を100万部売る」というもの。

 

以下マンダラチャートです。

 

マンダラチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・文章構成力

・表現力

・作品の打ち出し方(プロモーション)

・人脈

・運

・「もの書き」の知識

・仕事との連携

・生活の中のアンテナ

という8つの項目を軸に

アクションが建てられています。

 

常に中心に据えた「目標」を意識しながら

72ものアクションを立てなければならないので、少し時間はかかりますが

 

完成したものを改めて見返すと

このアクションも目標達成に繋がるのか!という新たな気づきが生まれます。

 

みなさんも仕事の、また人生の行動指針を立てる上でのフレームワークとして

このマンダラチャートを活用してみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに

 

上記の「自分の著書を100万部売る」という目標は私のこれからの「挑戦」です。

 

この会社で働いている以上、

何かに挑戦しなければならないという背景から

 

上記の様な目標を建て、行動しようとなりました。

 

今後ちょくちょくコラムで登場するかと思いますが、

 

私の挑戦を温かく見守っていただけたら幸いです。

 

よろしくお願いします。

ご相談はこちらから
カテゴリ
ライター
アーカイブ
よくある質問
情熱メルマガ登録
水野元気の情熱大陸日記
数字で見る情熱
体験セミナー
研修用語集
ご相談はこちらから
このページの先頭へ
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ