新入社員・内定者の研修やリーダー研修の提供

  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ
ホーム > 実績・事例紹介 > パーソンフォーチュン合同会社

パーソンフォーチュン合同会社

リーダーとしての意識を醸成することで、店舗の目標を達成する!
thumb

研修検討背景・研修実施前課題

現場(店舗)のトップとしてのリーダー醸成

研修を導入しようとした理由は店長、副店長の意識を改善しようと思われたからです。具体例に悩みとして感じていたことは正直、店長、副店長が会社の「リーダーとしての自覚」を持てていないということでした。
そのため、部下であるスタッフへの指示や全社的な決め事を守れないことや毎日の終礼業務で翌日の店舗のアクションが的確な指示やアドバイスができず、売上もなかなか伸び悩んでいる現状が抜け出せずにいるということでした。

また月1回の店長会議では店長さん、副店長さんがなかなか発言できず、どうしても経営者お二人の意見のままに進み、ただ会議を受けに来ている状態が続き、会議の雰囲気としても暗くなりがちということに悩まれていました。

・企業名:パーソンフォーチュン合同会社

・従業員:40人

・研修対象者:店長、副店長層(15名)

  • ・業種:
  • エステティックサロン、マッサージサロンの運営

・本社所在地:香川県

情熱のアプローチ

意識向上と店長会議の改善

抱えていらっしゃった悩みや問題を解決するためにまずは店長さん自身の「リーダーとしての自覚」をしっかり持ってもらうことや店舗の目標を達成したら、どんなメリットがあるかを考えてもらうことでした。
そこで、月1回、店長研修の実施と店長会議に同席させて頂きながら、店長、副店長さんたちの意識を「絶対できない」「どうせ無理」というネガティブなものから「どうすればできるのか」をゲーム形式で進め、目標達成のために店長としての役割を明確化にすることを行いました。店長としての役割を明確化することで今まで業務内容を曖昧にせず、PDCAサイクルを回せるように徹底的に日々の改善に活かしました。
また、店長会議では弊社の講師がファシリテーターとなり、長く感じられていた会議の短縮化を行いながら、意見が少ない店長さんやなかなか発言できないでいる店長さんたちが自信を持てるように設計をし、通常8時間を要した会議を4時間にすることで会議に参加しやすい雰囲気作りに務めました。

経営者様の声

ちゃんと前向きに研修を受講してくれるのかの不安

情熱さんを知ったのはインターネット広告で発見したのがキッカケでしたが、即お問い合わせをさせていただきました。
初めは高卒や専門卒の若い子たちが入ってくるので、どう育成していくかを考えてのお問い合わせだったのですが、話をさせて頂くうちにやはりリーダーである店長層をもっと成長させなければ、思い描くお店作りや目標達成はできないと感じ、店長研修をお願いすることになったのです。
正直、研修を進めていくまでは不安で、勉強嫌いのあの子たちがちゃんと研修を受けられるだろうかと心配しましたが、楽しい雰囲気で研修がスタートしたので、とても良かったと思います。

研修を通し、店長や副店長の意識が変わり、スタッフ育成や目標にむかって、どうすれば良いかを考えてくれるようになったので昨対で比べると月平均の売上が300万円〜500万円増加しました。意識が変わり、店舗の雰囲気を良くできたので、今後も継続的に研修をお願いする予定です。

弊社担当の声

■担当ディレクターの声

どうすれば前向きに研修を受けられるか?

パーソンフォーチュン合同会社様は経営者の方からお問合せを直にいただき、香川県にお伺いし、打ち合わせをさせて頂きました。
その際、経営者様が抱える問題や課題を聞き、「どうすれば店長の意識がより良く変わってくれるか?」をディスカッションし合いながら、月1回、全10回の店長研修を実施することになりました。
一番の懸念としては、「研修にそこまで前向きにならないのではないか?」という点で、「受けさせられている感」を無くしたいということでした。
過去に他社様の座学の研修を何回か導入したことがあるということでしたが、研修に前向きではないので、やはり座学だと難しいということでワークショップやゲームを取り入れた研修の設計をさせて頂きましたが、座学だと集中力が切れてしまう方でも体を使ったワークを取り入れることで前向きに受講して頂けたのが印象的でした。
 研修を受けさせられるより受けたい、もっと店舗を良くしたいと思って頂けるように努め、現在もお手伝いさせて頂いているので、より店舗の改善を行えるように経営者様、店長様と考えていきたいと思います。

■担当講師の声

明るい雰囲気がもたらすもの

受講生である店長さんは、現場で実際にマネジメントを行いながら、トップセールスとして多くの業務を抱えている方々でした。店長の役割として、スタッフ育成や自店舗の目標達成で悩んでいる方も多く、また営業後の終礼業務も雰囲気が暗く、チーム一体となって、目標に突き進んでいけないと悩む店長さんが多く見られました。
研修ではそういった悩みを解決するためにチームの雰囲気が成果を変えることをお伝えし、ゲーム感覚で明るい雰囲気と暗い雰囲気での成果の差を体感して頂くことをしました。その結果、皆さんが明るい雰囲気の効果を理解していただき、実際の終礼業務時に拍手やハイタッチを取り入れてくれるようになったのです。その結果、売上やスタッフ間の人間関係が良くなり、成果が良くなったと仰っていただけました。
経営者のお二人も成果を出すために店長会議でも明るい雰囲気作りに務め、少しずつ意識が変わってきたと仰っていただけましたので、講師として変化をもたらせことを今後の研修でも活かしていきたいと思います。

事例一覧へ戻る
  • サービス
  • 情熱ブログ
  • 企業情報
  • 採用情報
ご相談はこちらから
このページの先頭へ
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ