新入社員・若手社員の研修やリーダー研修の提供

  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ
ホーム > 研修用語集 > ワールド・カフェ

ワールド・カフェ

1995年に、アニータ・ブラウンとデイビッド・アイザックスにより始められた手法。メンバーの組み合わせを変えながら、4~5人単位のグループで話し合いをくり返していく中で、あたかも参加者全員が話し合っているような効果が得られる会話の手法を指す。 この手法には、まるでカフェでくつろぎながら会話するように、誰もがリラックスし、安心して話せるような環境を会議などの場に作り出すことで、創造的、革新的な発想を生み出す効果が期待されている。また、ワールド・カフェには基本的に参加者をコントロールしようとする発想がないため、結果として参加者の主体性が引き出され、参加者同士の一体感が生まれやすいという利点もある。 なお、AI、フューチャーサーチ、OST(オープン・スペース・テクノロジー)と合わせたこれらの手法を総称して「ホールシステム・アプローチ」と呼ぶ場合もある。
ご相談はこちらから