新入社員・内定者の研修やリーダー研修の提供

  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ
ホーム > 情熱ブログ > 情熱大陸日記 > 10期目最終日

情熱大陸日記

10期目最終日

本日、11月30日で㈱情熱の10期目が終わる。

 

今から10年前の12月27日。
私が27歳の誕生日を迎える日に作った情熱という会社は
いよいよ11歳になる。

 

ただただ、
『1人でも多くの情熱家を日本に輩出し、日本を情熱的にしたい!』
という想いだけで作ったこの会社。

 

「仕事に情熱を燃やす人材を輩出するには大学生向けのスクールだ」と
大学生から月に2万円をいただくモデルからスタートしたり、
いろんな講演家の人の話を聞いてもらうことで情熱家を生み出そうと、
月に2~3回のペースで講演会を主催したりもしていた。

 

その後は、1500名規模のイベントを立川で企画し駅前で毎日想いを伝えることで
満席になった経験や、そこから飛躍して、毎朝、渋谷駅前で朝礼をやりはじめたり・・・。

 

そこにはビジネスモデルや戦略もなく、ただただ想いと情熱しかなかった。
我ながら、よくこれでやってこれたなと色んな意味で感心する・・・。

 

その後は、研修事業に軸足を固めて、試行錯誤の日々の中で
トライアンドエラーを繰り返しながらも、少しずつ進化していると思う。

 


そして、この10年は人に恵まれ続けてきた10年でもある。
今いるメンバーは、本当に最高のメンバーだし、
創業から関わってくれた奇跡のようなメンバーたちが今の情熱を作ってくれた。

 

さらには、てっぺんや居酒屋甲子園と事務所を一緒にさせてもらったり、
そこの中で教えてもらったこと、支えてもらったことがたくさんあった。

 

また、素敵な仲間や先輩がたくさんできて、
どれだけ支えられたり、教えていただいたかわからない。

 

なおかつ、情熱には本当に素敵過ぎるお客様が多くいるのが何よりの財産だと思う。

 

正直、この1年は公私共にトラブルの連続だった。
そんな中で一番気づいたのは、自分の周りには最高の人たちがいるということ。

 

そして、10年目にたくさんの試練をいただく中で、
『お前はこれからの10年、もっと情熱を持って挑戦していくのか!?』
というのを問いかけられた気がする。

 

日本に閉塞感が広がり、情熱とかガムシャラとか、夢とか本気とか、努力とかが
ダサく感じたりする空気が充満する世の中で、やっぱり再度情熱が大事だって本気で伝えたい。

 

すべての人に無限の可能性がある。
すべての組織、企業にも無限の可能性がある。
そして、もちろん日本にだって無限の可能性がある。

 

その可能性を開花させていきたい。
その鍵は“情熱”にある。

 

1人1人が、情熱を持ったときに、無限の可能性は開花する。
そんな人が集まったらチームの可能性は最大化していく。
そして、そんな個人と企業が増えたら日本の可能性は広がっていくと確信している。

 

『1人でも多くの情熱家を輩出し日本を情熱的にする!』
というミッションに出会わせていただいた使命として、
本気でこの使命を実現できる、会社と経営者になる。

 

今までの10年間。
自分の力不足でこの会社の可能性を開花しきれなかった。

 

ここからの10年間。
自分の可能性を信じ、仲間の可能性を信じ、
そして、会社の可能性を最大化させることに次の10年間は情熱をかけていく。
そんな決意を皆様に伝えていきます!

 

本当にいつも支えてくださる皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもよろしくお願い申し上げます。

 


株式会社情熱
代表取締役
水野元気

ご相談はこちらから
このページの先頭へ
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ