新入社員・内定者の研修やリーダー研修の提供

  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ
ホーム > 情熱ブログ > 情熱コラム > 就活を終えて想うところ

情熱コラム

就活を終えて想うところ

こんにちは。来年の4月から株式会社情熱で働きます石井直哉です。

東南アジア系の顔なのでよくタイ人と間違われますが、正真正銘の日本人です。本籍は渋谷です。

始めに自己紹介、並びに就職活動を振り返って思う事を書かせていただきたいと思います。

 

東京生まれ東京で育ち。悪そうな奴はだいたい友達ではないまるで平凡な23年間を送ってきました。

中学、高校を卒業し1年間の浪人期を経て青山学院大学に入学。サークルに励みバイトに汗を流し、いたって普通の大学生活を過ごします。

自分で振り返っても普通だなーと思う学生生活でした。

 

そんな中ちょうど1年ほど前から黒服、黒髪が友人周りで急激に流行り始めいわゆる「就職活動」がスタートします。

私自身も説明会に参加し、面接を受け、お祈りメールが届くという期間を数か月間過ごした後ある疑問が湧いてきます。


『みんな何と戦っているのだろう』


「戦っている」という表現が適切かどうかわかりませんが、周りを見ると見えない何かに対峙している人が多いと感じました。

ではその「何か」とは何か。これには考えると色々な要素が考えられます。

 

親の期待、周りの友人との比較(内定獲得時期や企業知名度)、見ず知らずの人が投稿しているであろうネットの情報などなど

 

これらを気にしてしまう事は人間なのである程度仕方ありません。どうしようもない部分もあります。しかし「気にする」という感情を自分でコントロールすることは可能です。そうしてうまく感情と付き合っていくことが重要です。

 

「株式会社情熱に入社する」と周りの友人に言うと「ブラックっぽいね」や「大変そうだね」などの言葉が返ってきます。(社長ごめんなさい。)

ではなにをもってブラック企業である、またなにをもって大変だと言っているのかを聞いたところ納得のいく答えは返ってきませんでした。

 

 

学生が知っている、理解していることはたかが知れています。世界はもっと広いです。その狭い価値観の中で判断しようとすると、前述した「何か」に捉われ自分を見失う事になる。

 

月並みな言葉になってしまいますがこれからの将来を考える時、本当に大切なのは「周りを気にせず、自分の軸を持つこと」だと私は思います。

 ビジネスマナーやスケジュール管理能力も大事ですが、「周りを気にせず、自分の軸を持つこと」は就活においての必須スキルです。

これはこれから就職活動を控えている方に是非覚えておいて貰いたい、私の思うところです。


コラムはあまり長くならないようにと上司に言われてしまいました。足早に退散したいと思います。

次回は私がこの会社に入る経緯、想いなどを書かせていただければと思います。よろしくお願いします。

 

 

写真 (3)

 

ご相談はこちらから
カテゴリ
ライター
アーカイブ
よくある質問
情熱メルマガ登録
水野元気の情熱大陸日記
数字で見る情熱
体験セミナー
研修用語集
ご相談はこちらから
このページの先頭へ
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ