新入社員・若手社員の研修やリーダー研修の提供

  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ
ホーム > 研修用語集 > シックスシグマ

用語の説明

シックスシグマ

品質管理手法、経営手法の一つ。
その適用範囲は、主に製造業が中心であるが、営業部門、企画部門などの間接部門への適用、更にはサービス業などの非製造業への適用も多い。統計分析手法、品質管理手法を体系的に用いて、製品製造工程などの各種プロセスの分析を行い、原因の特定やそれへの対策を行い、不良率の引き下げや顧客満足度の向上などをする。

1980年代初めにモトローラ社が、日本の品質管理活動をもとにこの手法を開発し、品質改善による大幅なコストダウンと収益増を実現した。さらにGEが経営全般のプロセス改善、効率化の手法として確立し、多くの企業に広まっている。

用語集一覧へ戻る
ご相談はこちらから
このページの先頭へ
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ