新入社員・内定者の研修やリーダー研修の提供

  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ
ホーム > 情熱ブログ > 情熱コラム > ありのままの自分を愛すこと

情熱コラム

ありのままの自分を愛すこと

 20121124105204_50b02844ded85

 

こんにちは!株式会社情熱の米澤です。

 

「最近、映画を観に行っていないなぁ」という自分の中のリトル米澤が、口うるさく叫んでくるので、3連休を使って、映画を観てきました。

 

 

 

今話題の『アナと雪の女王』

 

ディズニー映画好きとして、ここは抑えておかなければという想いで観ましたが、 わくわく全開で終始楽しめました。まだ観ていない方も多いと思うので、多くは書けませんが、 ディズニーのHPに書かれている内容だけちょっと抜粋すると、

 

【凍った世界を救う″真実の愛″を描いた感動のストーリー】

 

と書かれている通り、最後の最後まで目が離せず、 最後には「まさか・・・!?」という想像していなかった展開で、「そう来たか・・・」と思わせる感動ストーリーでした。

 

 

中でも、私が劇中で1番びびっと来たのは、 雪の女王(エルサ)が劇中で唄う『Let It Go』のシーン。

今まで自分の呪われた力に悩み、苦しみながら、誰も傷つけないように小さい頃から過ごしてきたエルサ。

そんなエルサが秘密を国中の人に知られ、逃げようとするシーンですが、ありのままの自分を愛そうとする姿にグッときました。(予告編でも載っているので、それを見られている方も多いかな?)

 

人は完璧ではないし、ましてや完璧だと他人から思われている人程、悩んでいるかもしれません。

私自身、うまく人と話せませんし、取り繕ってしまう部分も多々あります。

 

例えば、会社という組織で働いている多くの方が、上司に対して、嫌な感情を持ってしまうこともあると思いますし、部下に対しても、ネガティブな気持ちで接してしまうこともあると思います。

人間関係だけではなく、自分の力と求められている力のGAPの差で悩むことも多いと思います。

 

それでも、どう自分と向き合い、どう他人と向き合うかがとても大切だと考えさせられました。

他人や環境は自分を変えてくれるキッカケを与えてはくれますが、最終的に自分を変えられるのは自分自身だけです。

 

リトル米澤が「変えられるのはお前だけや!」と叫んでいるので、

さらなる成長を胸に、凍った世界を溶かすような情熱さで明日からも頑張ります。

 

ご相談はこちらから
カテゴリ
ライター
アーカイブ
よくある質問
情熱メルマガ登録
水野元気の情熱大陸日記
数字で見る情熱
体験セミナー
研修用語集
ご相談はこちらから
このページの先頭へ
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • 研修用語集
お問い合わせ